学び

休日出勤は違法?合法?上手な断り方も紹介

 

竹原ふうか普通
休日出勤を頼まれたけど、どうにかして断りたい…
竹原ふうか普通
休日出勤の上手な断り方が知りたい!

休日出勤を避けたい気持ち、すごく分かります。

せっかくの休日を仕事に使うなんて嫌ですよね。

 

そこで、休日出勤の上手な断り方を例文付きで紹介します。

 

休日出勤は違法ではない

結論、休日出勤は違法ではありません。

ただし、休日出勤によって労働基準法や36協定に違反する場合は、違法となることもあります。

 

そうは言っても、休日出勤なんて極力したくないですよね。

続いて、休日出勤を断るときに気を付けたいことと、休日出勤の上手な断り方の例を紹介します。

 

休日出勤の上手な断り方の例

休日出勤の上手な断り方を、5例紹介します。

例① 法事や結婚式がある

例② 旅行の予定がある

例③ 家族の介護をしなければいけない

例④ 最近ずっと体調が悪い

例⑤ 資格試験がある

 

例① 法事や結婚式がある

「その日は友人の結婚式がありまして…。随分前から声をかけてもらっているので、出勤するのは難しいです…。申し訳ございません」

一生に一度の結婚式や、大切な法事を理由にすると断りやすいです◎

 

例② 旅行の予定がある

「その日は旅行の予定がありまして…。飛行機や旅館の料金も支払っているため、出勤するのは難しいです…。申し訳ございません」

前々から旅行の予定があったと伝えれば、相手も引き止めにくくなりますよ。

 

例③ 家族の介護をしなければいけない

「その日は高齢の母を介護できるのが私だけなんです…。目を離せない状態ですので、出勤するのは難しいです…。申し訳ございません」

家族の介護というやむを得ない理由を使えば、休日出勤を避けられます◎

 

例④ 最近ずっと体調が悪い

「実は今週ずっと体調が悪いんです…。できれば土日は身体を休めたいので、出勤するのは難しいです…。申し訳ございません」

体調不良も有効な理由です。ただし、前日に飲み会に参加している場合などは、この理由は使えませんよ。

 

例⑤ 資格試験がある

「あいにく、その日は資格試験を受ける予定です。検定料を支払ってしまっているので、出勤するのは難しいです…。申し訳ございません」

試験によっては、年に数回しか受けられないものもあります。これも引き止められにくい理由の1つです◎

 

竹原ふうか悲しい
どれも受け入れざるを得ない理由ですよね。休日出勤を断るときには、申し訳なさそうにつたえるのも大切です。

 

休日出勤を断るときの注意点5選

休日出勤を断るときは、以下の5つに注意しましょう。

①事前に断る理由をいくつか用意しておく

②申し訳なさそうな態度で断る

③同じ理由を何度も使わない

④あとから断るのはNG

⑤平日人一倍仕事を頑張る

 

①事前に断る理由をいくつか用意しておく

休日出勤は突然頼まれるものです。

慌てないように、事前に断る理由をいくつか用意しておきましょう。

悩んでいる女性
先ほど紹介した例文を参考にしてくださいね★

 

②申し訳なさそうな態度で断る

当然、あなたには休日出勤を断る権利はありますが、全く悪びれないのは悪印象です。

休日出勤を断るときには、申し訳なさそうな態度を取るようにしましょう。

竹原ふうか悲しい
やむを得ない理由+申し訳なさそうな態度で印象が下がるのを防ごう!

 

③同じ理由を何度も使わない

休日出勤を断るときには、同じ理由を何度も使わないようにしましょう。

毎回同じ理由で断っていては、「もしかして嘘をついているのかな?」と思われてしまいます。

一度嘘がばれてしまうと、本当に休日出勤が出来ないときに断りづらくなってしまいますよ。

 

④あとから断るのはNG

一度休日出勤を引き受けて、あとから断るのはやめましょう。

上司からすると、せっかく出勤してくれる人が見つかったのに、また一から探さなければいけなくなります。

普通に断るよりも迷惑をかけることにるので、気を付けましょうね。

 

⑤平日人一倍仕事を頑張る

休日出勤を断るのであれば、その分平日は人一倍仕事を頑張りましょう。

普段から会社に貢献しておくことで、休日出勤を断りやすくなりますよ。

 

まとめ

今回の内容を簡単にまとめます。

①休日出勤は、基本的には合法

②休日出勤を断るときは、やむを得ない理由+申し訳なさそうな態度を心がけよう

③同じ理由を何度も使ったり、一度承諾してあとから断るのはNG

悩んでいる女性
あなたが上手に休日出勤を断れることを願っています!

 

  • この記事を書いた人

竹原ふうか

1人でも多くの、働く人を笑顔にしたい【属性】24歳 | 女 | 双極性障害 | 首都圏在住【経歴】本ブログ開設←求人広告の営業半年←予備校職員1年半←法政大学卒業

-学び