転職・退職

転職エージェントを使う際の注意点3つ

 

「転職エージェントを使って転職をしたいけど、初めてだから不安…」

これは、私が新卒で働いていた会社を1年半で辞めて、無職の状態で転職活動を始めたときの心境です。

 

これから転職エージェントを使う人に向けて、私の経験も踏まえ、注意点を3つ紹介します。

この記事を読めば、転職エージェントを使う際にどのようなことに注意すれば、転職が成功する可能性が上がるのかが分かります。

 

転職エージェントを使う際の注意点3つ

転職エージェントを使う際の注意点は、以下の3つです。

①自責思考で転職に臨むこと

②軸を持って転職活動に臨むこと

③必ず3社以上の転職エージェントを利用すること

それぞれ、詳しく解説していきます。

 

①自責思考で転職に臨むこと

転職活動に限らず、自責思考で物事を捉えることは、あなたが幸せな人生を送るために極めて重要です。

 

行きたい会社の選考に受かったとしても、落ちたとしても、転職活動に成功したとしても、失敗したとしても、自分の責任として捉える覚悟をしてください。

あなたの失敗をキャリアアドバイザーのせいにしたところで、事態は良くなりません。

 

厳しい言い方になりましたが、転職活動を“自分事”として捉えられれば、自分の頭で考えて、行動して、改善して行けて、それが成功につながるということです。

 

転職を成功させることは、簡単なことではありません。

誰よりもたくさん考えて、誰よりもたくさん行動を起こして、誰よりもたくさん自分の弱みと向き合って、誰よりもたくさん改善した人が、成功します。

圧倒的な、当事者意識を持って転職に臨んでください。

 

②軸を持って転職活動に臨むこと

あなたは、何のために転職活動をするのですか?

また、あなたにとって、「理想の会社」とはどのような会社ですか?

 

世の中には、様々な会社があります。

お給料が高い代わりに、残業が多い会社。

人間関係が良い代わりに、給料が低い会社。

自己成長が出来る代わりに、プレッシャーが大きい会社。

やりがいがある代わりに、サービス残業が横行している会社。

定時で帰れる代わりに、パワハラが横行している会社。

 

などなど、良い面もあれば悪い面もある会社がほとんどでしょう。

たくさんの会社からあなたが転職する1社に絞るには、「軸」を明確にすることが大切です。

 

転職活動をしていると、キャリアアドバイザーが様々な会社を勧めてくれます。

あなたの「軸」と照らし合わせて、自責思考でよく考えて決断してくださいね。

 

余談ですが、私が在籍していた会社は、1社目は「やりがいがある代わりに、サービス残業が横行している会社」、2社目は「自己成長が出来る代わりに、プレッシャーが大きい会社」でした。

2社とも、多くのことを学べた、素敵な会社でした。

 

③必ず3社以上の転職エージェントを利用すること

「何度も面談をするのが面倒だから、転職エージェントは1社だけでいいや」

そんな風に考えている人もいるのではないでしょうか?

 

正直、気持ちはとてもよく分かります。

特に現在仕事をしながら転職活動を進めるとなると、効率を重視したくなりますよね。

しかし、3社未満の転職エージェントを使って転職活動を進めるのは、本当に危険です。

 

3社以上の転職エージェントを使うべき理由は、以下の3つです。

①転職エージェント会社によって所有している求人が違うから

あなたにピッタリな求人を見つけるためにも、3つ以上の転職エージェントに登録して、多くの選択肢を確保しましょう。

②職務経歴書や面接は複数人からフィードバックを貰うべきだから

3社以上のエージェント会社を利用し、いろいろな人から客観的なアドバイスを貰いましょう。

③良いエージェントさんに当たるかは運次第だから

あなたと相性の良いエージェントさんに出会うためにも3社以上の転職エージェントを利用しましょう。

 

⇒3社以上の転職エージェントを使う理由については、こちらの記事でも詳しく解説しています!

 

まとめ

今回は、転職エージェントを使う際の注意点を3つ紹介しました。

今回の内容を簡単にまとめます。

①自責思考で転職に臨み、自分事として考え、行動し、改善していこう

②あなたにとって一番譲れない条件と何なのかをよく考え、軸を持って転職活動に臨もう

③時間をうまくねん出して、必ず3社以上の転職エージェントを使って転職活動に臨もう

 

以上です。

この記事が、転職を考えている人のお役に立てたら嬉しいです。

 

 

  • この記事を書いた人

竹原ふうか

1人でも多くの、働く人を笑顔にしたい【属性】24歳 | 女 | 双極性障害 | 首都圏在住【経歴】本ブログ開設←求人広告の営業半年←予備校職員1年半←法政大学卒業

-転職・退職