仕事 学び

PREP法を身に着けよう!もう「何が言いたいの?」とは言わせない!

 

「で、何が言いたいの?」

「もっと論理的に話しなよ」

「これだから文系は…」

 

こんなことを言われたことはありますか?

これらはすべて、実際に私が上司から言われていた言葉です。(笑)

 

当時の私は、自分ではちゃんと筋道立てて話しているつもりでも、相手からすると分かりづらい話し方になっていました。

 

論理的に話を組み立てるには、「PREP法」というフレームワークを活用するのがオススメです。

実際に私は「PREP法」を用いることで、意図通りに話を伝えられるようになりました!

 

この記事では、PREP法の概要と活用例を解説していきます。

以前の私と同じように、「相手に伝わる話し方」を身に着けたくて悩んでいる人は、この記事でPREP法を学び、実践していきましょう!

 

PREP法とは?

PREP法とは、

Point=結論

Reason=理由

Example=実例・具体例

Point=結論

という順番に話を展開して、相手に伝わりやすくするフレームワークです。

 

直接会話をするシーンだけでなく、メールなどの文章でも活用することが出来ます。

 

PREP法を使うメリット

PTEP法を使うメリットは、3つあります。

 

① 意図通りに相手に伝わる

② 円滑なコミュニケーションが取れる

③ 時間の節約により生産性が高まる

 

それぞれ詳しく説明していきます。

 

意図通りに相手に伝わる

「商品説明をしていたら、お客様を混乱させてしまった…」

「上司に報告するときに意図通りに伝えられなかった…」

そんな経験はありませんか?

 

私は、こういったことが頻繁にありました。

しかし、PREP法を学び、実践を重ねるうちに、意図した通りに話が出来るようになりました!

 

あなたも、PREP法を活用することで、伝えたいことを意図通りに伝えられるようになりますよ!

 

円滑なコミュニケーションが取れる

PREP法を用いて分かりやすく伝える力を身に付ければ、上司をイライラさせてしまったり、お客様を不安にさせてしまうことが減ります。

 

双方にとって、気分のよいコミュニケーションが取れるのです。

 

時間の節約により生産性が高まる

意図通りに伝えられないと、もう1度説明しなおしたり、メールを作成しなおさなければいけなくなってしまいます。

これでは、あなたと相手の大切な時間が奪われてしまいますよね。

 

PREP法を使うことで、時間を節約し、生産性を高めることが出来ます。

 

活用例を紹介

具体的な活用例として、「上司への相談編」顧客への提案編」を紹介します!

 

上司への相談編

~before~

「この前〇〇社に商談に行ったとき、『今使ってるコピー機はすぐ壊れる』って言ってたんです。

詳しく聞くと、かなり安いコピー機を使ってるみたいなんです。

ウチのB商品って、値段は高いけど長持ちするじゃないですか。

なんで、〇〇社にはB商品を推していく行く方がいいかなあと思うんです。

A商品の方が安くて売りやすいんですけど、A商品を売ったらウチの商品も『すぐ壊れる』って思われたらやだな~って思ってて…。」

 

~after~

POINT(結論)

「〇〇社には、B商品を提案していくべきだと思います。」

REASON(理由)

「理由は、B商品であれば、値段が高い代わりに十分な効果が期待できるからです。」

EXAMPLE(具体例・事例)

「以前〇〇社と商談した際、『安いコピー機をずっと使っているけど、一向に効果がでない』というお悩みを伺いました。」

POINT(ポイント・結論)

「その為、低価格のA商品ではなく、効果重視のB商品を提案する方が、長期的な信頼関係の構築に繋がると考えています。」

 

顧客への提案編

~before~

「ウチのB商品は、値段は相場より高いですが、品質が良く長く使えます。

A商品っていうのもあるんですけど、安い代わりにB商品よりも質が劣るんです。

B商品なら数年は持つ場合がほとんどなんですよ。

安いものを何回も買うより、多少高くても長く使える方がいいと思います。

他のお客様もB商品の方がいいって言ってましたよ!」

 

~after~

POINT(結論)

「以前お伺いしたお客様の状況や市場の動向を踏まえますと、御社にはB商品がベストです。」

REASON(理由)

「なぜなら、B商品であれば、1度のご購入で長く使っていただけるからです。」

EXAMPLE(具体例・事例)

「実際に、他のお客様からも『高いなとは思ったけど、こんなに長持ちするなら買ってよかったよ』というお言葉を頂戴しました。」

POINT(ポイント・結論)

「その為、御社には是非B商品でをご購入頂き、長く使っていただくことで無駄なコストを削減して頂きたいです。」

 

 

いかがですか?

PREP法を使う方が、話が分かりやすく、スッと入ってくる感じがしたと思います。

 

ビジネスシーンのおけるコミュニケーションでは、「自分の頭の中」と「相手の頭の中」が同じになるように心掛ける必要があります。

PREP法を用いると、自分と相手の共通認識を作ることが出来るんです!

 

実践あるのみ!

PREP法のような便利なフレームワークは、世の中にたくさんあります。

ネットや本から情報を仕入れることが容易な昨今では、「知っている」のに、「使いこなせない」人がたくさんいます。

 

知識だけは沢山あるのに活用しきれていない「ノウハウコレクター」にならないよう、どんどん実践して、自分のものにしていきましょうね!

 

現状を変えるのは、知識ではなく行動です!!!

 

まとめ

今回の記事の内容を簡単にまとめます。

 

・PREP法とは、「結論→理由→具体例→結論」の順で話を展開するフレームワーク

・PREP法を使うと意図通りに話が出来て、円滑なコミュニケーションや生産性の向上が期待できる

・頭に入れるだけでなく、実践することがとても大切

 

早速、明日から使ってみてくださいね!

  • この記事を書いた人

竹原ふうか

1人でも多くの、働く人を笑顔にしたい【属性】24歳 | 女 | 双極性障害 | 首都圏在住【経歴】本ブログ開設←求人広告の営業半年←予備校職員1年半←法政大学卒業

-仕事, 学び