転職・退職

会社員が向いてない女性の特徴10選と対処法

 

竹原ふうか笑顔
仕事のストレスがやばい…私って会社員に向いてないのかも…?

 

何事にも向き不向きがあるため、会社員に向いていない人というのももちろん居ます。

今回は、会社員に向いていない女性の特徴10選と、対処法を紹介します。

 

会社員が向いてない女性の特徴10選

①ルールや慣習に縛られるのが嫌い

昔からある会社ほど、ルールや慣習が多い傾向にあります。

会社独自のルールや慣習に従うことに強く抵抗のある人は、会社員に向いていないと言えます。

悩んでいる男性
私が勤めていた会社にも、ワケの分からないルールがありました…

 

②面倒な人間関係や社内政治が嫌い

組織で働く以上、面倒な人間関係や社内政治に直面します。

これらに強くストレスを感じる人は、会社員に向いていないでしょう。

 

③組織で働くよりも1人で仕事をしたい

組織で協力して成果を上げるよりも、自分の裁量で仕事を進めたい。

そんな人にとっては、会社員として働くことが大きなストレスとなるでしょう。

 

④どうしても叶えたい夢や将来やりたいことが明確にある

「起業したい」「世界中を旅して暮らしたい」など、人生の目標や夢が明確な人です。

こういった人にとっては、会社員として働くことが遠回りに感じるかもしれません。

 

⑤集団行動や人とのコミュニケーションが苦手

そもそも、集団行動やコミュニケーションが得意ではない人は、会社員に向いていません。

なぜなら、会社員として働く以上、円滑なコミュニケーションスキルは必ず求められるからです。

 

⑥他人の指示に従って働くのが嫌

会社員として働く以上、上下関係が付きまといます。

人から指図された通りに働くのが嫌な人は、会社員には向いていないでしょう。

 

⑦重い責任がかかる仕事をするのが嫌

働いてお給料を貰う以上、会社員には重い責任がのしかかります。

重い責任を持つことがストレスになる人は、会社員には向いていないと言えます。

悩んでいる男性
役職が上がるほど責任も重くなる…

 

⑧理不尽なことが起こるのが嫌

会社員として働くと、自分のミスではないことで叱られたり、お客様から理不尽なクレームを入れられたりすることがあります。

理不尽なことに耐えられない人は、会社員に向いていません。

 

⑨会社に対する忠誠心がない

多くの会社が、会社員に忠誠心を求めます。

時に、プライベートよりも会社を優先しなければいけないこともあるでしょう。

会社に忠誠心を持てない人は、会社員として働くのは難しいです。

 

⑩会社に拘束されるのが嫌

平日は毎日決まった時間に出社して、夕方~夜になったら退社。

そんな風に、会社に拘束されるのが嫌な人は、会社員には向いていません。

 

会社員が向いてない女性の対処法

会社員が向いてない女性の対処法として、「会社員として働きつつストレスを減らす」方法と、「会社員以外の働き方をする」方法を紹介します。

 

会社員として働きつつストレスを減らす

会社員として働きつつストレスを減らす方法は、以下の4つです。

①上手にストレス発散をする

②副業を始めて収入減を分散させる

③自分に合う社風の会社へ転職をする

④退職代行サービスのサブスクに加入する

 

①上手にストレス発散をする

過度なストレスがたまると、精神疾患などの健康被害が起こりかねません。

あなたに合ったストレス発散法を見つけて、上手にストレス発散をすると良いでしょう。

>>仕事でメンタルが限界な時の対処法18選

 

②副業を始めて収入減を分散させる

副業を始めることで、本業以外でも収入を得てみてはいかがでしょうか。

収入減が複数あることで心に余裕が生まれ、前向きに働けるようになるかもしれません。

悩んでいる女性
PC1台で始められる副業もたくさんありますよ◎

 

③自分に合う社風の会社へ転職をする

慣習や上下関係があまりない会社もあります。

そういった会社に転職をすることで、ストレスを大きく減らすことが出来ます。

竹原ふうか悲しい
ベンチャー企業などは慣習や上下関係が少ない♪

>>第二新卒の転職は難しい?成功するための正しいやり方を紹介!

 

④退職代行サービスのサブスクに加入する

女性用退職代行会社『わたしNEXT』では、月額3300円で年に2回まで退職代行を利用できるサブスクリプションプラン『ヤメホー』を展開しています。

『ヤメホー』に加入することで、思い立ったら最短即日、会社を辞めることができるのです。

実際には会社を辞めないとしても、心の余裕を買うことのできるサービスです◎

⇒『ヤメホー』を詳しく見てみる

 

会社員以外の働き方をする

会社員以外の働き方をする方法は、以下の4つです。

①パート・アルバイトとして働く

②フリーランスとして働く

③起業して働く

④専業主婦になる

 

①パート・アルバイトとして働く

会社員としての責任を負担に感じる人は、パート・アルバイトとして働くのも手です。

福利厚生やお給料は会社員に劣りますが、責任は非常に小さくなりますよ◎

 

②フリーランスとして働く

社内政治が嫌な人や、自分の裁量で仕事を進めたいタイプの人は、フリーランスとして働くと快適に過ごせます。

仕事も取引先も自分で選べるようになるので、ストレスを大幅に減らせます。

 

③起業して働く

自分でビジネスを行いたい人は、起業が向いているかもしれません。

ある程度の資金や準備が必要にはなりますが、向いている人にとっては最高の選択となるでしょう。

 

④専業主婦になる

結婚をしていて旦那の稼ぎに余裕のある人は、専業主婦になるという選択肢もあります。

専業主婦になれば、今まで以上に家事に力を入れたり、趣味の時間を増やすことが出来ますよ。

 

まとめ

会社員に向いていない女性の特徴10選と、対処法を紹介しました。

今回の内容を簡単にまとめます。

①組織で働くのが苦手な女性や、自分の裁量で仕事をしたい女性などは、会社員に向いていない

②そんな女性が無理なく会社員として働くには、ストレスを減らす、転職をする、退職代行サービスのサブスクに加入するなどの手段がある

③パート・アルバイト、フリーランス、起業などの会社員以外の働き方をする、専業主婦になる、といった方法を取るのもアリ

悩んでいる女性
あなたに合った働き方が見つかりますように!

 

 

  • この記事を書いた人

竹原ふうか

1人でも多くの、働く人を笑顔にしたい【属性】24歳 | 女 | 双極性障害 | 首都圏在住【経歴】本ブログ開設←求人広告の営業半年←予備校職員1年半←法政大学卒業

-転職・退職