仕事 学び

仮説思考を使って速く正確に仕事しよう!使い方やメリットも解説

 

「仕事が遅くて毎日残業続きで辛い…」

「もっと効率よく仕事を終わらせて、プライベートの時間を増やしたい(泣)」

そんな風に思っている人はいませんか?

 

私も、同期や先輩に比べ仕事を終わらせるのが遅く、悩んでいた時期がありました。

 

しかし、「仮説思考」という考え方を使うようになってから、効率よく仕事を終わらせられるようになったんです!

 

仕事の効率を良くして生産性を上げたい人は、この記事を読んで「仮説思考」を学んでいきましょう!

 

仮説思考とは

仮説思考とは、コンサルティング会社でよく使われる考え方です。

『仮説思考 BCG流 問題解決・解決の発想法』という内田和成さんの本に記さたことで、社会に広まりました。

⇒『仮説思考 BCG流 問題解決・解決の発想法』を見てみる

⇒読みやすい漫画バージョンを見てみる


実は仮説思考は、様々な仕事で使える優れものなんです!

仮説思考を使うとどのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

 

仮説思考を使うメリット

仮説思考を使うメリットは、以下の3つです。

① スピーディーな判断が出来る

② 多角的な視点が身につく

③ 問題解決能力が上がる

 

いかがですか?

仕事が遅くて悩んでいる人からしたら、喉から手が出るほど欲しい能力なはずです!

 

続いて、仮説思考のプロセスを見ていきましょう。

 

仮説思考のプロセス

 

仮説思考は、以下の4つの工程によって成り立っています。

 

現状分析:今ある情報を整理する

仮説立案:現状分析により仮説を立案する

仮説検証:仮説に基づいた検証を行う

仮説修正:検証結果を踏まえ、仮説を修正する

 

「えっ…なんだか難しそう…」

「私に使いこなせるかな?」

 

そう思った人もいるのではないでしょうか?

確かに、説明だけ見ると、漢字が多くて難しそうに見えますよね。

 

しかし。実は、誰しもが日常生活で仮説思考を使っているんです。

続いて、日常生活での使用例を見ていきましょう。

 

日常生活での使用例

少しでもイメージしやすくなるように、20代女子が経験していそうな例を2つ紹介します。

 

例① 彼氏に手料理を振る舞うとき

現状分析

「彼氏は和食が好きだと言っていた。男の人は沢山ご飯を食べる人が多い」

仮説立案

「和食の定番の肉じゃがを大量に作ろう」

仮説検証①

「おいしそうに食べていたけれど、途中から苦しそうにしていたな」

仮説修正

「次からは、もう少し少な目に作ることにしよう」

仮説検証②

「今度は、『味も量も最高だね』って喜んでくれた!」

 

例② ダイエットをしたいとき

現状分析

「太ってきたから健康と美容のためにダイエットがしたい。〇〇ちゃんがヨガで痩せたって言っていた」

仮説立案

「私もヨガをすれば痩せるんじゃないか」

仮説検証①

「思うように痩せられていないな。」

仮説修正

「ヨガと一緒に、糖質制限もしてみよう!」

仮説検証②

「いい感じに痩せられた!」

 

 

2つの例を紹介しましたが、いかがでしょうか?

こうやって見てみると、誰しもが日常生活で自然に仮説思考を使っていることが分かりますよね。

 

しかし、仕事となると、仮説思考ではなく“網羅思考”を使ってしまう人が多いんです。

網羅思考について詳しく見ていきましょう。

 

網羅思考とは

「たくさんの情報を入手してから判断したい」

「絶対に失敗しないように、慎重に仕事したい」

そんな風に思いながら、仕事を進めていませんか?

 

網羅思考とは、出来る限り多くの情報を収集し、時間をかけて分析して結論を出すという考え方です。

 

網羅思考は、仮説思考に比べて考えを行動に移すまでに膨大な時間がかかってしまいます。

しかも、行動してみた結果間違えていて、もう一度時間をかけて情報を分析しなおす…なんてことになりがちなんです。

 

これでは、スピードも仕事の質も、仮説思考よりも劣ってしまいます。

 

まとめ

今回の記事の内容をまとめます。

・仮説思考とは、「現状分析→仮説立案→仮説検証→仮説修正」というプロセスの思考法

・多くの人が日常生活では仮説思考を使っているが、仕事では網羅思考を使ってしまう

・仮説思考を使えば、速く正確に仕事が出来るようになる

 

 

「まずい…今までずっと網羅思考を使っていた…」

そんな風に思ったあなた。

 

大丈夫です。心配いりません。

実践を重ねれば、自然と仮説思考で仕事を進められるようになります!

 

「知ってはいるけど、面倒だからやらない」これが一番の悪ですよ!

実践あるのみ!明日から使いましょうね!

⇒仮説思考を学ぶのにおすすめ『仮説思考 BCG流 問題解決・解決の発想法』はこちらから!

⇒読みやすい漫画バージョンはこちらから!

  • この記事を書いた人

竹原ふうか

1人でも多くの、働く人を笑顔にしたい【属性】24歳 | 女 | 双極性障害 | 首都圏在住【経歴】本ブログ開設←求人広告の営業半年←予備校職員1年半←法政大学卒業

-仕事, 学び