仕事 学び

ソーシャルスタイルとは?仕事・就活・プライベート全ての人間関係に使える!

 

「いつも上司をイラつかせてしまう…」

「最近恋人とすぐ喧嘩になる…」

そんな悩みを抱えていませんか?

 

全ての人間関係を円滑に進めるのに有効な「ソーシャルスタイル」という考え方があります。

この記事を読めば、ソーシャルスタイルの考え方を理解でき、人間関係の悩みを解決する糸口となるでしょう。

 

ソーシャルスタイルとは

ソーシャルスタイルは、人間の性格を以下の4タイプに分類するという考え方です。

①ドライバータイプ

②エクスプレッシブタイプ

③エミアブルタイプ

④アナリティカルタイプ

 

図解にすると、このようなイメージです。

対極に位置している、ドライバータイプとエミアブルタイプ、エクスプレッシブタイプとアナリティカルタイプは、衝突しやすいとされています。

相性があまりよくないということですね。

 

次に、それぞれのタイプの特徴と上手な関わり方について、詳しく見ていきましょう。

あなた自身はどのタイプに当てはまるか、考えながら読んでみてくださいね!

 

ドライバータイプ

ドライバータイプの特徴

自己主張が強く、感情が表に出づらいドライバータイプ。

常に合理的な行動をとり、成果を上げます。

自分で意思決定をすることが好きなので、周りの人から指図されることが苦手で、他人の意見はあまり聞き入れません。

 

ドライバータイプとの上手な関わり方

合理的なドライバータイプは、回りくどいことや冗長な話を嫌います。

結論から伝え、出来る限り論理的に話すようにしましょう。

⇒PREP法を活用するのがおすすめです

 

また、遠回しに物事を言われるよりも、単刀直入に指摘されることを好みます。

ドライバータイプに提案をするときは、選択肢を複数用意し、本人に選ばせるようにすると、反感を買いません。

 

エクスプレッシブタイプ

エクスプレッシブタイプの特徴

自己主張と感情がどちらも強いエクスプレッシブタイプ。

楽しいことや注目を浴びることが大好きです。また、非常におしゃべりで、沈黙を嫌う傾向にあります。

 

意思決定はいつも直観的に行い、周りを巻き込みながらどんどん行動して行きます。

 

一方で、細部にまで気を配ることが苦手な一面もあります。

 

エクスプレッシブタイプとの上手な関わり方

感情を大切にするエクスプレッシブタイプと話すときは、身振りや表情などで大げさに感情を伝えるといいです。

とにかく話すことが好きなので、雑談を振ると盛り上がりやすいです。

 

一方で、雑談が長引いて本題に入れないといったことも…。

あからさまに話の腰をおると反感を買うことがあるので、うまく本題に誘導していきましょう。

 

また、エクスプレッシブタイプに提案をするときは、論理的根拠だけでなく、感情に訴えかけると通りやすいです。

 

エミアブルタイプの特徴

エミアブルタイプの特徴

自己主張が弱く、感情の強いエミアブルタイプ。

協調することを大切にしており、周囲の意見によく耳を傾けます。

明るく和やかで、周囲への気配りを常に忘れません。

 

一方で、自分の意見と周りの意見が違う時などに、周りに気を使いすぎて疲れてしまうこともあります。

 

エミアブルタイプとの上手な関わり方

周囲の人を尊重し、協調を大切にするエミアブルタイプは、議論よりも会話を好みます。

お互いの気持ちを尊重しながら、和やかに話すと良いです。

助言するというよりも、共感しながら話を聞くと喜ばれます。

 

エミアブルタイプに提案をするときは、結論を急かさず、寄り添いながら話を進めていくのが効果的です。

 

アナリティカルタイプ

アナリティカルタイプの特徴

自己主張と感情がどちらも弱いアナリティカルタイプ。

大人しくて冷静な性格をしています。

周囲に影響されることなく、論理的に話を進めます。

 

感情的になることはめったになく、いつでも冷静沈着です。

仕事などを進めるときは、慎重にリスクを避けながら進める傾向があります。

一方で、細部にこだわりすぎて、大きな決断がなかなかできないということもあります。

 

アナリティカルタイプとの上手な関わり方

論理を重視するアナリティカルタイプには、データを用意して接すると良いです。

根拠を示しながら丁寧に説明することが大切です。

 

論理的に筋が通っていない感情的な訴えをすると、反感を買うことがあるので気を付けましょう。

また、アナリティカルタイプはじっくり考えた上で結論を出したいため、何か提案をしたときには結論を急ぐのではなく、考える時間を与えると良いです。

 

まとめ

いかがでしたか?

ソーシャルスタイルの考え方と、4タイプの特徴と上手な関わり方について見ていきました。

今回の内容を簡単にまとめます。

①ソーシャルスタイルとは、人間の性格を4タイプに分類する考え方である

②ソーシャルスタイルが反対の人同士は相性が悪いとされている

③ソーシャルスタイルごとに接し方を変えることで、円滑にコミュニケーションを取れる

 

あなた自身や周りの人のソーシャルスタイルを分析して、適切な接し方をしていき、人間関係におけるストレスを軽減していきましょうね!

ちなみに、このブログを運営している竹原ふうかは、エクスプレッシブタイプです(笑)

  • この記事を書いた人

竹原ふうか

1人でも多くの、働く人を笑顔にしたい【属性】24歳 | 女 | 双極性障害 | 首都圏在住【経歴】本ブログ開設←求人広告の営業半年←予備校職員1年半←法政大学卒業

-仕事, 学び